本・漫画レビュー

フェイスブック 若き天才の野望

流れるような文章で語られる Facebook のビジネス展開

『フェイスブック 若き天才の野望』を読みました。

この本はかなりおもしろいです。流れるような文章でフェイスブックのビジネスがドキュメンタリーのように語られています。創立者、マーク・ザッカーバーグの正確や行動がありありと思い浮かぶように書かれていておもしろかったです。表紙と巻頭に彼の写真も掲載されているのですが、写真から伺う表情が本で書かれているキャラクターにぴったりと合っている気がします。

出版当時は日本で Facebook は普及していなかった

下記は、私が大学生の時に書いた文章です。おもしろいのでこのまま掲載してみようと思います。

これを読んで、私もフェイスブックを始めました。フェイスブックはまだ一部の人しか気づいていないだろうけど、メディア媒体として革新的かつ未来的。利用しない手はないと思いました。今、日本では流行ってないけど、いずれ普及すると思う。

2020年に読んでも結構おもしろいはず

映画『ソーシャルネットワーク』を楽しむための副読本のような役割を果たします。
本書を読んでからの方が映画を楽しめることは間違いないと断言できます。ぜひ、本を読んでから映画…という風にみてみてほしいです。

バイキング

-本・漫画レビュー
-,

Copyright© 深読みレビューサイト じんはんた , 2021 All Rights Reserved.