本・漫画レビュー

アドルフに告ぐ

アドルフ・ヒトラーを含む 3人の「アドルフ」を巡る物語

手塚治虫『アドルフに告ぐ』(1~5巻)を読みました。今まで、並の人以上の数の漫画を読んできたと思いますが、これほどまでに完成された漫画は稀だと思います。

  • ナチス・ドイツの総統、アドルフ・ヒトラー
  • ドイツから神戸へと亡命したユダヤ人、アドルフ・カミル
  • ドイツ人と日本人のハーフでナチズムとヒトラーへ傾倒するようになる、アドルフ・カウフマン。

以上、3人の「アドルフ」を巡る物語です。

物語はヒトラーが死んでも終わらない。ヒトラーは飽くまでも脇役。

この物語はヒトラーが死んでも終わりません。3人のアドルフの物語であり、カミルとカウフマンの物語はそのあとも続いていくからです。この2人は、子どもの頃は友達でした。しかし、国家や民族を強調して繰り返す戦争のために引き裂かれ、関係性は大きく変容してしまいます。

現実でも戦争によって引き裂かれているであろう、家庭や友情などについて考えさせられました。「考えさせられる」というより、物語の力で「考えざるを得ない」です。誰がこの悲惨な話を読んで、考えずにいられるでしょうか?
私は、現実のこの世界で、現在も続く戦争について、本作の終盤におけるアドルフ・カミルのセリフを送りたいです。

「子どもに殺しを教えることだけは ごめんだ 世界中の子どもが正義だといって 殺しを教えられたら いつか世界中の人間は全滅するだろうな」

このセリフを言う アドルフ・カミル というキャラクターは、ユダヤ人でナチスから追われる側でしたが、物語の後半では彼も殺す側の人間へと変貌していってしまいます。そんな彼が絞り出すように残すセリフのが上のセリフです。重みがあります。

もう一つ、同じくカミルのセリフを紹介します。

あちこちの国で 正義というやつにつきあって そして なにもかも失った… 肉親も… 友情も… おれ自身まで…

戦争で殺しをしている者は皆が「正義」を掲げています。自分を「悪」と思って戦争を進めている人はいません。それこそアドルフ・ヒトラーでさえ、自分を「正義」としていたはずです。

子どもに殺しを教えている国はまだ世界にあります。たとえ平和ボケと言われようと、子どもに殺しを教えないという勇気が要ると思います。私たちが選択を誤らないように、この漫画は読まれ続けるべきだとも思います。

…いつの間にか説教臭くなってしまいましたが、本作は緻密なため、素直にストーリーの深みを楽しむ作品としても優秀です。ハードルを上げずに読んでみて頂くのがいいと思います。

-本・漫画レビュー
-

Copyright© 深読みレビューサイト じんはんた , 2021 All Rights Reserved.