月別アーカイブ:2020年04月

本・漫画レビュー

スタンフォード式 疲れない体

全く自分とは関係のない解説動画なのですが、勝手に貼っておきます。youtubeで書籍の内容がこんなにも分かりやすく解説されていると、ブログの価値というのは毛ほどのものでしかない気がしてきます。 「体の ...

本・漫画レビュー

人生の結論

2020/4/21    , ,

数々の漫画の原作を書いた作家が出した人生訓 小池一夫の『人生の結論』を読みました。本書は大きく以下の目次に分かれ、それぞれが10以上の小項目に分かれています。 第1章 人間関係について第2章 働くこと ...

雑記

フィンガーペインティングは「おうち遊び」の最適解

4才の息子のフィンガーペインティング 大人も楽しめる!フィンガーペインティングの紹介 新型コロナウイルスの流行で外出をせず、先週、今週は土日にフィンガーペインティングをやりました。指で絵を描けば、みん ...

映画レビュー

ジョーカー

実は すごく上品な映画 すごく上品な映画でした。『雨に唄えば』のような過去の名作を見終わったあとみたいな感覚になりました。   タクシードライバーは先に観ておくべき 映画を観て『タクシードライバー』に ...

映画レビュー

映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(前編)/END OF THE WORLD(後編)」

「作品」として良いものを作ろうとしていたのか疑問に感じるほどの駄作 この映画は、本当に「作品」として良いものを作ろうとしていたのか疑問に感じるほどの駄作だと思います。有名な原作であれば、映画化だけでも ...

本・漫画レビュー

パンセ

2020/4/11    ,

「人間は考える葦である」という言葉で有名なパスカルの著作 「人間は考える葦である」「クレオパトラの鼻。それがもっと低かったなら、大地の全表面は変わっていただろう」「心情は、理性の知らない、それ自身の理 ...

本・漫画レビュー

描きながら考える力 ~The Doodle Revolution~

情報量がとても多い。多すぎるくらい。 本書は一見、絵などで情報が整理されている風ですが、情報量が多すぎるし、まとまっているようで結構見づらいです。Amazon などで本の中身を見て頂ければと分かると思 ...

映画レビュー

ジェーン・ドウの解剖

主人公親子は、先祖代々から続いている検死の仕事をしている。ある日、死因が不可解な死体が運ばれてくる。その死体=ジェーン・ドウの解剖を行う主人公親子たちは次第に奇怪な体験をしていくことになる。 …あらす ...

映画レビュー

ヒックとドラゴン

「ナードな主人公が ひと工夫して ざまぁみろ」映画 『ヒックとドラゴン』を観ました。新型コロナで引きこもっていて、子どもたちと一緒に観れる映画でも観ようと観賞しました。どこで聞いたか忘れたましたが、良 ...

本・漫画レビュー

菊と刀

アメリカの文化人類学者からみた日本人観 ルース・ベネディクト『菊と刀』を読みました。1946年に刊行され、今なお読み続けられている誰もが知るロングセラーですね。 固定観念を持たずに研究に取り組む文化相 ...

Copyright© 深読みレビューサイト じんはんた , 2021 All Rights Reserved.