本・漫画レビュー

ノックの音が

収録された15作品はすべて「ノックの音がした」という冒頭で始まる

星新一の作品『ノックの音が』を読みました。この本の中の15作品はすべて、「ノックの音がした」という冒頭で始まります。収録作品は以下の通りです。

  • なぞの女
  • 現代の人生
  • 暑い日の客
  • 夢の大金
  • 金色のピン
  • 和解の神
  • 計略と結果
  • 職務
  • しなやかな手
  • 感動的な光景
  • 財産への道
  • 華やかな部屋
  • 唯一の証人
  • 盗難品
  • 人形

「職務」「しなやかな手」は特にオススメ

「職務」「しなやかな手」が特に良いと思いました。15作品は繋がっているわけではないので、何作かピックアップして読むのも良いと思います。星新一作品を読むと毎度のことですが、たった10ページの程度の文章中での物語運びが見事です。

ショートショートはアイデアの宝庫

ショートショートはアイデアの宝庫だと思います。本書収録の15作品を「ノックの音」で1冊の本にまとめたこと自体も、アイデアとして光っています。アイデアを仕事にする人ならば、この本に限らず、星新一作品は必読の書だと思います。

-本・漫画レビュー
-,

Copyright© 深読みレビューサイト じんはんた , 2021 All Rights Reserved.